化粧をすると、呼吸が苦しくなる? アスペルガー症候群の傾向があると感覚が過敏になりがち っておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20180425kesyouoomiyawasabi

わたしは化粧をすると息苦しくなります。

人間は肌呼吸をしていないと聞きましたが、人によっては肌呼吸をしているんじゃないか。

というはなしをしてところ、発達障害のひとつであるADHD(注意欠如多動性障害)を公言している人生の先輩が、激しく同意してくれました。

(・∀・)おお!

仲間がいました。発達障害の傾向があると、化粧が苦手な人も、わりといるそうです。肌の感覚が過敏なんだとか。

ちなみに、わたしは肌荒れしにくいタイプなので、肌の弱さと過敏は関係ないようです。


アスペルガー症候群の傾向があると、感覚が過敏になる特徴があります。光や音が苦手な人が多い印象です。

たとえば、わたしの場合だと、大きな音を聞くと、体調を崩しがち。テレビの音も小さめ。

お姉ちゃんには、「こんな小さい音で聞こえているの?」と、よく言われます。

(・∀・)バッチリ聴こえてるよ!

人混みで気分が悪くなるのも、たぶん、いろんな音が流れているからなのかなと感じています。緊張も、もちろんあるのだろうけど。

いそがし太郎(父)と長時間話すと疲れるのも、声が大きいからじゃないかと疑っています。話の内容は悪くないので、そうに違いない。

といいつつ、わたしも声が大きい。

(・∀・)間違いなく遺伝だ!

自分自身の声が大きいので、大きな音からは逃れられない。

なんてこった _( _´ω`)_ペショ

実家では大きな声で話さないと、会話にならないのです。わたしが小さいころから、おばあちゃんの耳が遠くて。家族みんな声が大きいのは、それも影響していると思う。

そうか、家族みんな声が大きいのは、おばあちゃんに会話を届けようとするやさしさだったのですね。納得。


さて。

わたしは今後も日本で生きていくつもりなので、鈍感力を身につけたいです。

何年か前に鈍感力の本を読んで、納得したはずなのに、内容を忘れました。また読もう。

わたしの感覚が過敏なのは、捻じ曲げられないことなので、嘆いても仕方がない。感覚過敏を否定せずに、仲良く快適に生きる方法を考えよう。


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ