通信制高校で勉強に困らないために、不登校を満喫しつつも、自宅で勉強するのがおすすめ、っておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20180717bennkyouoomiyawasabi

わたしは高校時代に、不登校になって、通信制高校へ転校しました。

通信制高校の勉強は、中学程度の知識があれば、問題なく解けるものが多く、楽な気持ちでスクーリング授業や、試験を受け、レポート課題も、自宅でコツコツと順調にこなすことができました。

でも、半数程度の生徒は、勉強に四苦八苦しており、レポートが解けない、試験に合格できない状況でした。

それが原因で辞めてしまう人もいます。通信制高校の卒業率が低い理由のひとつです。

誰でも入学できる、誰でも卒業できる。って、イメージがありますが、卒業できない人は、意外といます。


通信制高校の生徒は、二分化しており、わりと勉強ができる人と、ほとんど勉強ができない人がいます。

これは、不登校になった時期や、元々通っていた学校が進学校であったかどうかが影響します。

小学校や中学校で、不登校になり、1年から入学している人は、特に苦戦していた印象です。

小学校、中学校は、義務教育なので、勉強しなくても、進級できます。だから、当たり前に「できる」と思われている勉強ができていないことがあります。

先生は、簡単な計算ができない、漢字が読めない、初歩的な英単語を知らないなんてことが、あるわけないと思い込んでいるので、どこにつまずいているのか分からず、適切な関わりができていないように感じました。

「どこが分からないの?」と質問されて、困っている同級生が、ちらほらいました。

どこが分からないかも分からないぐらい、問題の意図が分からない様子でした。

先生は、不登校の専門家じゃないし、年に数回しか、学校で会わないので、関係は希薄です。困っているあいだに授業時間が終わって、さよならーって感じです。

放課後に教えるってことも無いし、すっごくドライな関係です。授業以外で会うことは、ほとんど無いです。

担任の先生もいるけど、あまり関わる機会がありません。自分の担任が誰であるか、記憶にないです。担任の先生も、わたしのことを覚えていなかったと思います。

三者面談なども、形式だけのもので、込み入った話はしませんでした。成績表を渡して、ちゃんとスクーリング授業に参加しているよ、卒業できそうだよって報告程度。


わたしは、中学時代に勉強ができるほうだったので、クラスで勉強ができず困っている人がいても、どうして困っているのか、分かりませんでした。

でも、不登校になる前の進学校で、勉強が追いつかない経験をして、「何が分からないか、自分でも分からない」経験をして、勉強で困っている子が、どういう心境なのか、少しだけ、身近に感じるようになりました。

ふざけているわけじゃなく、真面目に取り組んでいるけど、できないんです。


わたしの感覚では。

わたしが、この問題の要点だなと考える箇所じゃなくて、他のところ、もっと前の段階で悩んでいることが多い印象を持っています。

極端な例ですが、英語の授業で、bとdって、どっち側に丸を書くんだっけ? みたいなところで悩んでいたりします。

テレビでおバカタレントがやっている珍回答、芸能人だから、おもしろおかしくやっていると感じる人が多いと思いますが、あのような回答を真面目に答えるイメージです。

本人は真面目に答えているつもりだけど、ふざけているように見えるので、先生に注意される。やる気なくす、レポートも解けない、試験にも合格しない。

悪循環です。


だから、不登校になっても、中学校卒業程度の勉強はできることを目標に、気が向いたら取り組んでみてください。

暇だ、することが無い。ってときに。

毎日やらなきゃーってなると、疲れるし、できなかったときに落ち込むので、週一回、五分でもいいやって感じの気楽な気持ちで取り組むと良いです。

通信教育や、書店で売ってる教材、ネットの無料問題集など、自分が使いやすい教材を選んでみてね。

(・∀・) 難しいのを選ぶと挫折するから、簡単なものがおすすめ


いままで通っていた高校が進学校だから、中学卒業程度の問題はたぶん解けるよ。って人は、焦らなくても良いです。

通信制高校の勉強に戸惑う心配はありません。

たぶん(・∀・)心配いらないよ

通信制高校を探すには : 
【無料】通信制高校の一括資料請求


文章が思ったより、長くなったので。

お母さんやお父さんが、勉強を教える時のコツは、次の記事に書こうと思います。

追記 : 不登校の子どもに勉強を教えるコツは、一歩下がること


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ