心がもやもやしたときは、ゴミと一緒に捨ててしまえって、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20180910soujioomiyawasabi

モノには、ひとつひとつ思い出が詰まっています。

良い思い出のときもあるし、悪い思い出のときもある。

そのどちらかがはっきりしているモノであれば、捨てるか残すかはっきり区別できます。

でも、わたしがもっているモノの、ほとんどは、そのどちらでもないモノです。

捨てる理由もないし、残す理由もないモノ。

明らかに嫌な思い出が詰まっているモノは、すぐに判断できるのですが、捨てる理由がないモノは、なんとなく残したまま、わたしは日常を過ごしています。


わたしは、うつ状態になると、モノを捨てることが難しくなります。

うつ状態になると、正常に判断できないので、もしかしたら必要なモノかもしれないと思って、結局、残してしまうんですよね。

しかしながら。

うつ状態になるから、モノが捨てられないんじゃなくて、もしかすると、モノが捨てられないから、うつ状態になるのかなあと思い始めたのです。

にわとりが先か、卵が先か。って、たとえばなしと同じ状態なのかなあと。


わたしが病院でうつ病と診断されたとき、わたしの人生って、どうして、いつも転落するんだろうかと、悩んでいました。

半年か、もっとかな、ぼんやり過ごしたあと、掃除をする気になったんです。

わたしは、モノを捨てるのが苦手で、とりあえず置いておく習慣がありました。

だから、クローゼットのなかには、段ボールに詰めて、重ねられているモノが大量にありました。

その箱をひとつずつ開いて、思い出が詰まった大事なものと、生活に必要なモノ、よく分からないけど残したほうが良い気がするモノ、捨てるモノに分けてみました。

すると、よく分からないけど残したほうが良い気がするモノが、圧倒的に多い。

( ˘•ω•˘ ) もやもやする

「よく分からないけど残したほうが良い気がするモノ」と、自分が判断したモノを確認していると、何度見ても、もやもやする。

(この荷物が、この部屋にある限り、わたしの心はモヤモヤし続けるのではないか)と考えるようになり、思い切って、ぜんぶ捨てることにしました。

過去の自分と「さよなら」する日がきたなあと。

紙が多かったです。大学時代に利用した資料や、雑誌の切り抜きなど。

あと、箱。箱イン箱。マトリョーシカ状態です。

いつか片付けるときに使うかも。と思って、小さな家電の箱とか、日用品の箱とか、服や靴の箱、カバンの箱、携帯やスマホの箱、小物の箱など、箱がどっさり出てきました。

ほかにもたくさんあったはずです。おそらく、本当にくだらないモノが詰め込まれていたのでしょう。記憶にすら残っていません。

捨てたら後悔するかもと、何日か悩んだはずなのに、もうすっかり忘れているんですよね。

大きな45リットルのゴミ袋で10個分ほど、いままで大事だと感じていたモノを捨てました。


すっきりしたのは、クローゼットだけではありませんでした。

わたしの心のなかにあった、もやもやした気持ちが、一緒に捨てられたように感じたのです。

気持ちの容量が減ったような。

いっぱいだった心のなかにある大きなカバンが、大事なモノだけに圧縮されたのです。

クローゼットのなかを振り返ると、幸せな記憶が詰まった荷物だけになりました。

きょうから、あたらしいわたしだ。

きょうから、また新しい感情を、心に詰め込むことができるんだなあって。


モノを捨てると、嫌な気持ちも捨てられる。

そのことに気づいてから、整理整頓や掃除が楽しくなりました。


あれから、5年が過ぎようとしています。

昔より、モノを捨てるのが上手くなったので、迷ったら、とりあえず段ボールに詰めて、目につかないところに置いておく。という悪しき習慣がなくなりました。

生活に必要なモノや、幸せな気持ちになるモノだけを残して、少しずつ捨てるようにしています。

とはいえ、なんとなく置いてあるものも、ちょこちょこあります。

(・∀・) 空きスペースの分だけ、荷物が増える

さいきん、余裕のあるスペースがなくなってきたので、お片づけをしました。

やっぱり、箱や紙袋、紙類など、以前と同じようなモノを大量に保管してありました。

(・∀・) 無意識の行動は、あなどれない。

たくさん捨てたら、気持ちが明るくなりました。

きれいにしているつもりでも、とりあえず保管してあるモノが、かならずある。我が家には。

だから、月に一回は、大きなゴミ袋をもって、家の中をパトロールすることにしました。

便利そうなモノでも、何か月も使っていないのであれば、我が家にとってはゴミなのだ。

すっきり、きれいな気持ちで、朝を迎えたいです。

毎日が、誕生日のような気持ちで、朝を迎えられるように、きょうのもやもやを、明日に持ち込ませない。

あしたのわたしは、あたらしいわたしだ。きょうの続きじゃない、なんでもできる、あたらしいわたしだから。


きょうの教訓。

悩んだときは、大きなゴミ袋をもって、家のなかをパトロールする。

捨てるか残すか迷ったモノは、捨ててしまえ!

悩んで捨てたものの多くは、一週間後に忘れているから、心配いらない。


関連記事 : 
うつ病になると、お金が無い妄想に取りつかれる


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ