不登校ひきこもりである子どもに対して、お母さん、お父さんがサポートできることについての、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20181004matuoomiyawasabi

「待つ」と「何もしない」は違う

不登校ひきこもり支援の基本は、「待つ」ことだと、以前の記事に書きました。

子どもが不登校ひきこもりになって、学校の先生や病院、支援機関へ相談すると「しばらく待ってみましょう」という言葉をかけられることが多いです。

でも、「待つ」って、いったい何なの? って、疑問をもつ、お母さん、お父さんも多いと思います。

「待つ」って言葉だと、果報は寝て待てのことわざのように、焦らず、タイミングがくるのを待つ、運にまかせるような印象を受けるかもしれません。

本当のそれで良いのかなあ。と感じながらも、何をしたら良いか分からないから、時間が過ぎるのを、言葉通りに待ち続ける人もいるでしょう。

ひとつの考え方の提案ですが、わたしは、「待つ」って言葉に対して、「何もしない」とは違うと考えています。


いまの状態の把握

わたしは、不登校には、カオス期(不登校初期)、停滞期(不登校中期)、回復期(不登校後期)があると考えています。

カオス期は、自分自身が不登校になって、どうしてよいか分からず、混乱する時期。本人だけではなく、それをとりまく家族にとっても、混乱する時期。

停滞期は、不登校ひきこもりである本人も、自分自身が不登校であると認識、一応納得して、穏やかに過ごしている時期。

回復期は、自ら外の世界に興味をもち、社会復帰に向けて、通信制高校の情報を集めるなど、自分の家から外へ意識が向かい始める時期。

この3つの時期を行ったり来たりしながら、やがて、社会復帰を果たします。

それぞれの時期には、適切な関わりかたがあります。

たとえば、カオス期にある不登校ひきこもりの子どもに対して、「学校に行きなさい」という説得は、親子関係を悪化させてしまい、その後の関わりにも悪影響がでます。

また、このカオス期に子どもの気持ちに寄り添ったつもりで、「いまの高校が辛いなら、通信制高校への転校を考えたらどうか」という提案も、子どもの心には響きません。将来のことを考える余裕なんてないからです。いま、目の前のこと、心のなかで起こっているカオス状態をなんとかするので精いっぱいだからです。

不登校ひきこもりである子どもに対して、適切な時期に、適切なかかわり方をしようと思ったら、いま、子どもがどの状態にあるのかを把握する必要があります。

いま、こういう状態なんだ。と、支援してくれる人、お医者さんや地域の保健師さんなどに伝えると、いまの時期に効果的である適切な関わりかたをアドバイスしてくれる可能性が高いです。

「学校に行っていない」それだけの情報では、不登校の専門家であっても、子どもがどういう状態であるのか把握できませんので、一番身近な支援者である、お母さん、お父さんの目を光らせて、子どもの変化をキャッチしてあげてください。


不登校ひきこもりからの社会復帰
一歩目は子どもの力で、二歩目は親子の力で

にわとりが卵から出てくるときの風景をイメージしてください。お母さんである鶏が、たまごをツンツンしている場面を思い浮かべるでしょうか。

でも、よーく見ると、お母さんがしていることは、ひよこちゃんが自ら穴をあけたときに、すかさずサポートして、外へ出てくる手助けをしているだけなんです。

お母さんが、ひよこちゃんの殻を割って、そろそろ出てくる時間だよーって、お知らせしているんじゃないんですね。

たまごを外から割ってしまうと、卵の破片が、ひよこちゃんに刺さってしまうかもしれないし、まだ成長が終わっていなくて、外に出ると死んでしまうかもしれない。だから、鶏は、お母さんの意志で外から卵の殻を割ることをしません。

不登校ひきこもりである子どもと、お母さん、お父さんの関係も、鶏とひよこちゃんのように、子どもが外へ出ようと決めたときに、すかさずサポートできる体制を整えることが大事なのです。

サポートって、なんだ? となると、通信制高校の情報を集めておく、当事者が参加できるサークルを調べておく、などがあげられます。

不登校ひきこもりからの社会復帰となると、通信制高校へ転校することをスタートラインと考える人が多いです。

通信制高校は、通える範囲が広いので、選択肢が多く、子どもがひとりで転校先を決めるのは難しいです。

子どもが、自ら、外に出ようと考えたときに、適切なサポートができるように、あらかじめ資料を読んで、それぞれの通信制高校の特徴をつかんでおくと、役に立つと思います。

社会復帰しよう、外に出ていこうという気持ちが高まっている時間に、親子で協力して、新たな一歩を進んでください。

通信制高校を探すには : 
【無料】通信制高校の一括資料請求


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ