不登校ひきこもりが長期化する家庭には共通点があるなあって、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20181011kosumosuoomiyawasabi

わたしが、自身の不登校経験で知り合った周囲の人間と話したり、不登校ひきこもり支援に関わったりしているなかで、長期化する家庭には共通点があるなあと感じました。

兄弟姉妹へのフォローが足りない

子どもが不登校ひきこもりになると、お母さん、お父さんは「家族みんなでがんばるべきだ」と考えている人が多いです。

お母さん、お父さんにとって、子どもは、守るべき対象です。困っていたら、自分の生活を犠牲にしても助けてあげたいと思うもの。

でも、兄弟や姉妹は、そもそも対等な関係なので、兄弟姉妹のうち、ひとりだけに注目がいくことを、よく思わない場合もあります。

不登校ひきこもりになっている本人も大変な状況ですが、その兄弟姉妹も、少なからず悩みながら、学校生活を過ごしているので、人のことを優先して考える余裕がありません。自分自身の悩みだけではなく、兄弟姉妹が学校へ行かなくなったことに対する、好奇の目を向けられて嫌な気持ちになることもあります。

自分だって家族に相談したいことがあるのに。自分だって困っているのに。って、イライラは、学校へ行かない選択をした子どもに向かいます。

「うちの子は優しいから、兄弟姉妹の一大事には、当然、協力する」って、思っている家庭こそ、危険です。

自分のことのように悩んで、疲れてしまい、不登校ひきこもりが連鎖する可能性もあります。

だから、子どもの不登校ひきこもり問題は、家族みんなでがんばるのではなく、お母さん、お父さんが中心になって、取り組む必要があります。

学校に行かない子どもだけじゃなく、他の子どもにも、自分の人生があります。他の子どもたちは、いつも通り過ごしている。無関心。ぐらいの反応が、ちょうど良いです。

仲良し兄弟が離れ離れになってしまうと思うかもしれません。いえいえ、心配せずとも、時がきたら、再び仲良くできる日がきます。焦らないで。


長期化している家庭のお母さんお父さんが集まる場に参加している

子どもが不登校ひきこもりになったことをきっかけに、親の会などの集まりに参加する人も多いです。中学生、高校生のころは、学校からも、そのような場を紹介されることがあります。

古くから集まっている団体であれば安心。と、考えがちなのですが、実はそうではありません。

不登校ひきこもり支援の団体、特に、お母さんお父さんが中心となって活動している団体では、在籍しているのは、不登校ひきこもりの子どもをもつお母さんお父さんであることが多いです。

社会復帰した、元不登校ひきこもりの子どもをもつ、お母さんお父さんでは無い。ってところが、ポイントです。

子どもが中学生、高校生のころに集まり、活動している団体では、社会復帰を果たした子どもをもつお母さんお父さんは、だんだんと会の集まりに参加しなくなります。

だから、活動に残っている人たちの子どもは、不登校ひきこもり状態が長期化している傾向があるのです。子どもに対して、適切な関わりをもつことができていない可能性もあるので、長期化しているお母さんお父さんの話を聞くのは、おすすめできません。

また、最近、不登校になった10代、20代の子どもをもつお母さんお父さんと、長期化して40代、50代になった子どもをもつお母さんお父さんでは、悩んでいることも違います。

ですので、似たような年代の子どもをもつ親同士で集まり、新しくできた団体に参加するのがおすすめです。

特に、10代のあいだは、小学生か、中学生か、高校生かという段階で、利用できる支援の方法が異なるので、似たような年代の子どもをもつお母さんお父さんが集まり、情報交換することが、大切です。


元の学校へ復帰する以外の選択肢を提供していない

不登校ひきこもりから社会復帰する人の多くは、不登校になる前の学校へ、再び登校する選択をしていません。

わたしの感覚では、90パーセント以上の確率で、転校することを選んでいます。

一方で、お母さん、お父さんの多くは、以前の学校に戻ることを望んでいます。望んでいるというより、それ以外の選択肢を知らない人が多いです。

不登校ひきこもりからの転校を考える際に、まっさきに思い浮かぶのは、通信制高校です。

通信制高校は、一般的な高校のシステムと異なり、単位制の学校が多かったり、登校日が少なかったり、レポートやスクーリング授業があったり、ややこしいから敬遠する人もいます。

自分がよく知らないことを、子どもにすすめることはできません。だから、事前に通信制高校の資料を読んで、それぞれの特徴を知り、お母さん、お父さんが納得したうえで、不登校ひきこもりの子どもに対して、情報を提供する必要があります。

子どもが回復期にある時に、社会復帰に向けた適切な働きかけをすることが、家族にできる大切なサポートです。

通信制高校の存在に気づく時期の遅れは、不登校ひきこもりが長期化する原因のひとつかもしれません。

通信制高校を探すには : 
【無料】通信制高校の一括資料請求


関連記事 :
不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ