アスペルガー症候群の傾向がある人は、暑さや寒さを感知する能力が低い傾向があるらしいっておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20181101otibaoomiyawasabi

わたしは寒さ、暑さを認識する機能が弱い

アスペルガー症候群の傾向がある人には、よくあることらしいのですが、わたしは夏の暑さ、冬の寒さを認識する能力が低いです。

(・∀・) 生き物として致命的。自然界では、真っ先に淘汰されるタイプ

7月に長袖を着ていたり、12月に半袖を着ていたりする。

みんなと違うことをしよう、と思って、そうなっているのではありません。

どうやら、わたしは、暑い、寒いを、認識する感覚が鈍い。そう気づいたのは、不登校ひきこもり支援に関わり、アスペルガー症候群について知ったときでした。

自分の感覚の鈍さにあわせて、周囲の人間に関心が無さすぎて、みんなが冬支度を始めていることに気づかないまま、本格的な冬を迎えてしまっていたのです。

12月になるまで、半袖を着ているので、寒さに強いと思われがち。

しかしながら、寒さへの耐性は、人並みしかないので、寒すぎて風邪をひく。

風邪をひいても、半袖を着ているせいだとは、気づかず、そのまま半袖生活を続けてしまう年もありました。

何度か風邪をひく、周囲の人間に半袖を指摘される。指摘されて周囲を見渡す、みんな長袖だと気づく、やっと長袖を着る、快適、そうこうしているうちに夏を迎えるが今度は長袖を愛用、半袖になるタイミングが遅くなる、やっと半袖の快適さに気づくころはすでに秋、最大速度で冬になる、半袖だから寒い、風邪をひく

っていうのが、わたしの独身時代の秋ハイライト。

結婚してからは、季節に応じた暮らしを取り入れるようになりました。

夫が秋ごろから、だんだんと長袖を着始め、冬用の布団にくるまりながら寝るので、わたしも同じように冬支度を始めています。

今年も無事に秋の服を着て、暖かく過ごしています。

といいたいところですが、わたしは手首に布が重なるのが苦手なので、長袖をまくりあげたり、長ズボンをまくりあげたり、結局、夏休みの少年のような姿になっている日が多いです。

周囲の人々と調和のとれた服装ができるように、気をつけたい。自分の好きな服を着るだけじゃなく、秋らしく、冬らしく、季節を感じながら、毎日を過ごしたいです。


体調(心調?)を崩していました

みなさま、おひさしぶりです。大宮わさびです。

長らくブログを更新してないあいだ、心の調子を乱していました。

ちょっとしたことに焦って、不安になったり、イライラしたり、心の調子が安定しない日々を過ごしていました。

焦る気持ちを抱えたまま、作成した文章は、好きじゃないので、ブログの更新をおやすみしていました。

きょうは心の調子も良好、平凡で幸せな一日でした。

幸せは日常の中にしか存在しないってことでしょうか。

何もない、昨日とよく似た今日が、幸せってことなんだなあ。

きょうから、再び、できるだけ毎日、言葉を連ねるつもりなので、また読みに来てね。


関連記事 : 
うつ病になると、お金が無い妄想に取りつかれる


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ