不登校ひきこもり状態にある子どもを、無条件に愛せず悩んでいるお母さん、自分を責めないでって、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20181106hatooomiyawasabi

親から子どもへの愛が途切れる日もある


無条件の愛というと、何をしても許されるようなイメージをもってしまいます。

だから、不登校ひきこもりになった子どもに対して、嫌な感情をもつ自分を、親として失格なんだと責めるお母さんがいます。

親として失格である自分が育てたから、子どもは不登校ひきこもりになってしまったんだ、と、自分で自分を苦しめてしまうのです。

しかしながら、それって、すごく偏った感覚なんですよね。

無条件の愛は、無制限の愛じゃない。何をやっても許される愛じゃないし、途切れることなく、24時間365日続く愛じゃない。

お母さん自身が疲れているとき、悩んでいるとき、心の栄養が足りないときには、子どもを愛せない日もあります。

みんな、あります。あなただけじゃありません。


不登校ひきこもりの子どもが、自分は親から愛されていないと錯覚する理由


一方で、不登校ひきこもりになった子どもの多くが口にする言葉があります。

「わたしは親から愛されていない」

無条件に愛されたことがないんだって主張をする人が、とても多いです。

誰でもそうだと思うのですが、嫌な出来事のほうが心に残りやすいですよね。

親から怒られた、否定された、認めてもらえなかった記憶を、強く覚えている傾向があります。

これも、「無条件の愛」って言葉に、惑わされているような気がするのです。

無条件の愛を、無制限の愛だと思い込んでいるせいじゃないかなあと感じます。何をやっても許される愛、途切れることなく24時間365日続く愛が、無条件の愛だって思い込み。

ちょっと待ってください。

お母さん、お父さんだって、人間だもの。何をやっても許す、途切れることなく24時間365日続く愛を要求するのは、ハードルが高すぎます。

無条件の愛は、何でも許すことじゃありません。許せない出来事もあるけれども、そのマイナスポイントよりも、たくさんのプラスポイントを知っているから、気持ちを足したり引いたりして、最終的に受け入れることが、無条件の愛なんだと思います。

子どもに対して、嫌な感情を持つことがないわけじゃないのです。

子ども自身の元気が戻ってきたら、自分が愛されていないわけじゃないことにも気づきます。元気がないときは、嫌な出来事をより強く覚えているのは、仕方ないかもしれません。

不登校ひきこもり状態にある子どもから、「自分は無条件に愛されたことがない」と主張されると、親としては戸惑うでしょう。

いまは、そういう時期なんだ、心が疲れているから、信頼しているお母さんを攻撃してしまうんだって考えてみてください。

何度攻撃しても、自分を愛してくれるんだ。って、試したい時期なんです。許してあげて。


不登校ひきこもりの子どもへ無条件の愛を与えられないお母さんへ


まず、子どもを愛している自信をもってください。

子どもが不登校ひきこもりになると、自分の育て方が悪かったと悩むお母さんが多いです。

わたしの短い人生で感じたことですが、親の育て方に関わらず、個人個人それぞれに生まれ持ったものが性格の大部分を占めているように思います。

だから、お母さんが、子育てについて嘆く必要はありません。そういう運命をつかんで生まれてきたのは、本人の課題です。育った環境の問題ではないのです。

お母さんも、心をもった人間ですから、許せない日もあるでしょうし、顔を見るのも嫌になる日だってあるでしょう。

そんな日には、親子の関係を諦めるのではなく、自分自身の気持ちが落ち着くのを待ってください。自分が元気になったら、また、不登校ひきこもりになった子どもを愛してあげてください。

無条件の愛は、24時間365日続くものではありません。何度も途切れながら、続くものです。

悩んだり、怒ったりするのは、それだけ真剣に不登校ひきこもりになった子どものことを考えているからです。

本気で、不登校ひきこもりになった子どものお母さんとして生きているから、苦しいのです。

子どもを愛しているから苦しい。子どもが嫌い、愛せないのだったら、苦しんだりしません。

その苦しみや怒りこそが、不登校ひきこもり状態にある子どもを無条件に愛している証拠です。


関連記事 :
不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ