不登校ひきこもり支援者でも、子どもに直接会うのは簡単なことではありません。では、支援者は何をしてくれるのか、っておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20181223dennwaoomiyawasabi

不登校ひきこもり支援者であっても、子どもに直接会うのは難しい


わたしは、不登校ひきこもり経験者です。また。不登校訪問専門員とひきこもり支援相談士、ふたつの試験に合格しています。だからといって、魔法のように、不登校ひきこもり状態にある人を社会復帰に導けるかというと、そうではありません。

不登校ひきこもり状態にある本人に会える確率は低いです。感覚としては、1割程度。たった1割なのかと驚くでしょう。

ですが、支援者であるわたしが直接会うことはできなかったけれども、やがて社会復帰に繋がった人たちもいます。

だから、なんらかの不登校ひきこもり支援に関わった人が社会復帰する確率は、5割以上だと考えています。


不登校ひきこもり状態にある人に直接会わずに何ができるか


不登校ひきこもり状態にある人を支援するためには、直接本人に会うことが最低限必要だ。と、思い込んでいる人はとても多いです。

実は、そうではありません。

不登校ひきこもり状態にある人にとって、支援者なんて、赤の他人です。赤の他人と気軽に話せるような状態であれば、不登校ひきこもりにはなっていないです。

だから、「本人に直接会う」を、初めのステップにするのは、現実的な考えではないと感じます。

たとえば、不登校ひきこもりを支援するNPO団体などでは、面談といえば、本人ではなく、その家族を対象に行っているのが一般的です。本人が相談にくるのは、稀です。ほとんどありません。

じゃあ、不登校ひきこもり支援って、いったい何をするのか。

支援者によって、考えかたは異なるのですが、わたしは、不登校ひきこもり状態にある人の近くにいる家族を支援することで、本人にも変化がおこるのを期待した働きかけを行います。

まわりから、じんわり、じんわり変化を起こすのですね。

どういう人が不登校ひきこもりになるかという質問の答えは難しいのですが、どういう関わりをした家族の子どもが社会復帰をしやすいかというのは、子どもの心を研究する人などから公表されており、傾向があるとされています。

子どもが不登校ひきこもり状態になると、焦ってしまうのは当然です。家族だけで考えていると、感情的な行動をしてしまうので、客観的な意見や不登校ひきこもりに関する情報をもつ人をまじえて、いろいろな選択肢を確認してみましょうって、働きかけるのです。


不登校ひきこもり支援を利用することで何が起こる?


まず、はじめに気づくのが、「不登校ひきこもりである子どものことで悩んでいるのは、わたしだけじゃない」って事実です。

個別の面談など受ける前に、支援団体などで開催されているセミナーに参加する人が多いです。そこで、他のお母さん、お父さんに出会い、自分のほかにも不登校ひきこもりである子どものことで悩んでいる人がたくさんいるんだって事実に気づきます。

学校の先生は、不登校ひきこもりの専門家じゃないので、社会復帰に繋がる情報をほとんど知らない人も多いです。通信制高校の存在を知らない先生も、実際にたくさんいます。わたしが不登校になったときの担任の先生も知りませんでした。

学校の先生がどうにかしてくれると思っていると、時間がどんどんすぎてしまいます。先生は、決められた期間だけの付き合いです。不登校ひきこもりである子どもの人生をずっと見守ってくれるわけじゃありません。

だから、不登校ひきこもり状態にある子どもには、どのような未来の選択肢があるのか、不登校ひきこもりの支援者を通じて、家族が情報を集めるのが大事です。

不登校ひきこもり状態にある子ども本人は、自分が社会復帰できる可能性がないと思い込んでいる場合も多いです。だから、社会復帰に繋がる行動を始めないまま、どんどん時間が過ぎてしまうのです。ずっと不登校ひきこもりのままで良いって考えている人は、ほとんどいないと思います。きっかけを見つけられないだけなんです。

だから、「そうじゃないよ、あなたの未来は失われていないんだよ」って、家族から教えてあげてほしいです。そのための情報収集に役立つのが、不登校ひきこもりを支援する人です。


関連記事 :
不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ