在宅ワークを始めるコツや注意点、わたしの体験談についてのおはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20190119tyurippuoomiyawasabi

わたしと在宅ワーク


わたしは大学生のころから、在宅ワークに取り組んでいます。いまでも利用しています。わたしが主に作業しているのは、ライティング(文章作成)です。クラウドワークスのシステムを利用しています。

継続は力なり。細々ながらも、10年続けているので、作業単価があがり、時給に換算すると千円程度の収入です。夜など時間があるときに作業して、時間に見合った収入に繋がっているので、満足しています。

在宅ワークというと、稼げないというイメージをもつ人が多いです。「稼げないのに続けていてすごいね」という言葉をかけられることも多いです。

5年ほど前は「簡単に稼げるんでしょう、教えて」を言われることが多かったですが、だんだんと稼げないイメージが定着してきたのか、そういう言い方をする人は少なくなりました。

わたしが知り合いに、具体的な自分の時給を話さないのには、理由があります。それは、簡単に稼げるわけではないからです。全然稼げない、嘘を教えられたとトラブルになるのが嫌だから、知り合いに訊かれても、曖昧な言い方をするようにしています。

わたしも、はじめはほとんど稼げなくて、時給にすると200円にも満たない状態でした。

でも、人と話さなくても収入になるのは、わたしにとって大きなメリットでした。タイピングと文章作成の練習がてら、なんとなく空き時間に続けていると、だんだんと継続依頼(同じ会社から連絡がきて、個別の依頼があること)が増えて、時給があがりました。頼りにされているのが嬉しくなって、いままで続けることができました。

なにより、わたしが文章を作成するのが好きだから、続けられたのだと思います。文章を作成するのが得意じゃなくても、好きだったら、向いていると思います。

クラウドワークスでは、ライティングのほかにも、いろいろな種類の作業依頼があるので、自分が好きで続けたいと思うことを探して、始めてみると良いと思います。

はじめは上手くできなくて落ち込むかもしれないけれども、悩みながらも、続けていくと、在宅で「好き」を仕事にできる日がくるかもしれません。


不登校ひきこもりが在宅ワークを始めるコツ


一番大事なのは、「はじめはできなくても当然だ」と開き直ることです。ちゃんとしなきゃと考えすぎると、何もできなくなってしまいます。

依頼した人が納得できるレベルのモノではない場合、「非承認」になるので、その状態になってから、落ち込んでください。タスク作業では、簡単なものが多いので、初心者にも取り組みやすいです。

いろいろなクラウドサイトがありますが、複数のサイトに登録すると、どれも中途半端になってしまうので、自分が使いやすいと感じたひとつのサイトに絞って、作業を継続するのがおすすめです。

依頼主のなかには、悪意のある会社もあり、難癖つけて、すべてを非承認にしたり、個人情報を集めているものもあります。だから、怪しいと思った会社とは、途中でも取引をやめたほうが良いです。大手のクラウドサイトでも、怪しい依頼は紛れ込んでいます。

また、作業単価が低い依頼は、避けるのが良いと、わたしは考えています。はじめは、自分に自信がなくて、簡単そうにみえる作業単価の低い依頼に取り組んでしまう人が多いです。

でも、作業単価と作業量は比例していません。「初心者向け」と書いてある依頼のほうが、作業が複雑で、時間のかかるものが多い印象を受けます。だから、作業単価に気をとられすぎず、依頼内容を読んで、自分にもできそうだと感じたものを選んで、取り組んでください。初心者だからといって、妥協しないで。

作業単価が低い、複雑で時間のかかる作業によって、「在宅ワークって難しい」と感じ、すぐに諦めてしまうのは、もったいないです。

誰にも会わずに在宅で仕事がしたい。って、目標をもって、取り組んでみてください。3ケ月程度で、継続依頼がちらほらくるようになるので、自信や達成感に繋がり、やる気が出てくると思います。


わたしが在宅ワークに関して描いている目標


わたしはライティングを主な作業に選んで、在宅ワークを始めました。その作業に取り組んでいくなかで、他の依頼を見ながら、(こういう知識があったら在宅ワークに有利なんだな、収入に繋がるんだな)と知って、勉強を始めた分野があります。まだ収入には繋がっていませんが、いつか役に立つかもと思ったら、ポジティブな気持ちで勉強を進めることができています。

学生時代の勉強は、いま勉強していることが本当に仕事へとつながるか分からなかったので、単位のため、資格試験のために勉強しているイメージをもっていました。実際に、仕事で活用できた知識は、あまり多くありませんでした。

一方で、いま取り組んでいる勉強は、やがて在宅での仕事に繋がるんだとイメージできたうえで始めたことなので、未来の活用場面を意識しやすいです。

わたしが在宅ワークに関して描いている目標は、いま勉強している内容を身につけて、新たな分野の在宅ワークに取り組むことです。

この記事を読んでいる皆さんと同じく、この分野では初心者です。平成が終わる前に、新たな一歩を、いっしょにがんばりましょう。

誰にも会わずに自宅で仕事を始めるなら : 
クラウドワークス


関連記事 : 
在宅ワークは不登校ひきこもりと相性が良い


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ