普通になる必要はない、それがあなたの魅力だ、夢中になることを見つけて、不登校ひきこもりを楽しんでっておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20190207umeoomiyawasabi

不登校ひきこもりになったとき、人生の終わりだと思った


わたしは、高校1年生の冬に、不登校ひきこもりになりました。

あのときの自分に対して、いま考えていることを、お手紙にしようと思います。


不登校ひきこもりになっても人生の終わりじゃない


学校に行けなくなって、自分の人生が終わったなあって感じているね。

しばらくしたら、(全然終わってなかったな)と、前向きに考えられるときがくるよ。

「人生終わったなあ」って嘆きたくなる場面は、これから先、何度も、心のなかで繰り返されます。社会復帰したあとも、何回も、何回も繰り返されます。

でも、同じ回数だけ、(そうでもないな)と思う日がありました。

高校生のころのわたしは、視野が狭くて、漫画やドラマに出てくるような、一般的な大人の存在にしか気づいていませんでした。

みんなと同じ順序で生きていかなければいけないんだ、そこから外れてしまうと不幸になるんだと思い込んで、みんなと同じになりたいと苦しんでいたように思います。

だから、みんなと同じことができず、学校に行けなくなった自分に絶望していました。努力できない、忍耐力がない、だから、不登校ひきこもりになったんだ、性格が悪いから友達ができなかったんだと、自分を責めてばかりの毎日でした。

しかしながら、わたしが「普通」と呼んでいたのは、自分が生まれ育った小さな世界の出来事の平均値であって、日本の平均値ではなく、ましてや、世界の平均値とも、まったく違うもの。

偏った集団の平均値を「普通」と呼んでいたように感じるのです。

10年後のわたしは、いわゆる「普通」ではないけれども、幸せに生きています。普通であるかどうかは、幸福において重要な要素ではなかったようです。

だから、みんなと違うことを否定しないでください。幸運にも、他の人と違うのだから、それは、運が良いともいえます。変わる必要はありません。

他の人と違うから、肯定する人も否定する人もたくさん現れるけど、それは人を引き付ける能力があるといえるかもしれません。たくさんの出会いから、自分にとって必要と思う人とだけ仲良くしたら良いのです。

すべての人に好かれる必要はありません。たった数人から熱狂的に愛されたら、十分幸せになります。

だから、これから出会う多くの人には嫌われるんだなあと思って生きていると人間関係が楽だと思う。嫌われて当然と考えていると、まれに好かれたときには、とても嬉しい。


不登校ひきこもりになっても人生の終わりじゃない


未来のために、いま我慢して生きているかもしれないけど、未来のために、いまを楽しんでみて。

未来は、いまの延長だから、いまが楽しくない人生の先に、楽しい時間があると想像するのはたやすいことではないと思う。

だから、未来のために耐えるではなく、未来のために、いまを楽しんで生きてください。そうしたら、楽しい未来が、グッと近い存在になる。憧れじゃなく、現実だと気づく。

あなたの好きなこと、夢中になることをすれば良いのです。ゲームでも良いし、読書でも良いし、たっぷりある時間を使って、夢中になることを探してください。

何年も先のことを考えていては、動けなくなってしまいます。きょうのことと、明日のことだけを考えて、過ごしてください。変化がないようにみえる毎日でも、一年後、振り返ったときには、驚くほどの変化が起こっているはず。

一方で、苦しんで、悩んでいる時間も、貴重なものです。いま感じていることを日記として残しておくと良いかもしれません。

その日記は、ずっと未来の自分の希望になります。過去の日記を読むと、悩んでいたことは、いずれ解決するか、気にならないような小さな悩みに変化していくと気づきます。

知っている、気づいているということが、いずれ大きな武器になる日がきます。多くの人が経験していない、不登校ひきこもりを経験したこと、それは、あなたの武器になる日がきます。

不登校ひきこもりになっても人生の終わりじゃない。何があっても、人生には続きがあります。

大丈夫。きっと明日は、うまくいく。


よく読まれている記事 : 
カオス期、停滞期、回復期。不登校による気持ちの変化は三段階ある


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ