不登校ひきこもりになった原因より解決策を考えよう、悪いことばかり覚えているのは人間の本能だから仕方ないって、おはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20190407aozoraoomiyawasabi

頭痛に苦しむ春


数日前から、頭が痛くて、うぬうぬしていました。ぼんやり痛い。

わたしは、気候の変化に弱いです。大雨や台風、気温が大きく変わる日、季節の変わり目など、気候の変化によって、頭痛を起こします。

以前は、一度、頭痛になると、水分も摂取できない状態になり、半日ほど、ダンゴムシのように丸まって、じっとしているしか対処法がありませんでした。それに比べると、さいきんの頭痛は、優しい。小粒な頭痛です。

わたしは、おなかの調子を崩すことも多いです。こちらは、病院で、ちょうど良い薬を貰っているので、さいきんは、まあまあです。まあまあ快調。

わたしは頭が痛くなったり、おなかの調子を崩したときに、“なぜ、こうなったのか?”を必死に考えていました。

昨日、布団をポイして寝ていたなあ。とか、冷えたお茶をたくさん飲んだなあ。とか、食べ過ぎたなあ。とか、寝不足だなあ。とか。

身体の調子が悪いときは、じっとしているしかないので、頭のなかしか動かせません。だから、一生懸命考えていました。

しかし、結局、何が原因で身体の調子が悪くなるのか、答えは出せずじまい。

|ω・) 思い当たるふしが多すぎる

どれが原因か分からないので、身体の回復とともに、あれやこれやと考えた原因たちを忘れて、また、普段通りの生活をして、やがて、体調を崩す繰り返しです。

今年の2月、いつものように、おなかの調子を崩し、不調の原因をあれやこれやと考えていると、夫からアドバイスがありました。

|ω・) とりあえず、カイロを貼ったら良いよ

わたしは、このスタイルで、おなかが痛くない日を過ごしていたんだから、余計なことをしなくても、元気になるはずなんだと思いましたが、素直にアドバイスに従い、カイロを貼ってみることに。

(・∀・) あら、快適

カイロを貼るなんて、軟弱者がすることだ。わたしはカイロに頼らない冬を過ごすんだ。と考えていたのですが、文明の利器は、やはり素晴らしく、わたしはすっかりカイロのとりこに。

頭痛についても、同じく。夫の指示に従い、冷えピタを使うと、和らぐことに気づきました。文明の利器。

わたしは、何か、マイナスな出来事が起こったときに、“原因は何だろう、次から回避しなくては”と、考えていました。でも、もう、起こってしまったことは仕方がないし、受け入れるしかないなあと、気づきました。

“頭が痛くなるのは、なぜか”“おなかが痛くなる原因は何か”と考えるのをやめ、“どうやったら解決するだろう”と考えるほうが、自分のためになるなと。

再び、頭痛や腹痛に出くわすかどうかは分からないから、次回の予習をするより、今回どうするか考えるほうが大事だなあと思いました。


不登校ひきこもりになった原因を探すより解決策を考えよう


失敗した原因を探すより、いまの状況を解決する方法を探す。これは、不登校ひきこもりにおいても、大事な考えかただと思います。

わたしは、自分が、不登校ひきこもりになったとき、過去の行動から、原因を探そうとしていました。

思い当たるふしはたくさんあるけれども、思い出したところで、その場面に戻って修正できるわけでもないし、(どうして、あんな行動をとってしまったんだろう)と、自己嫌悪で憂鬱になってしまうだけでした。

“あれが原因で外に出ていけなくなってしまった”と考えるより、“こういう状況になったら、外に出ていけるかも”と、不登校ひきこもり状態から抜け出せる方法を探すほうが、自分のためになると思います。

たとえば、わたしは、(自分を知っている人がいない場所だったら、外に出ていくのが怖くない)と気づいたことをきっかけに、外へ出ていけるようになり、やがて社会復帰を果たしました。

良いことと、悪いことと、同じ数だけ起こっているけど、悪いことばっかり、記憶に残っているんじゃないかなあ。

悪いことが起こると、原始人にとっては生命の危機だから、身の危険を感じて、「気をつけろ」と注意喚起の信号を発するので、脳にまとわりつくのだと、わたしは考えている。

人間の脳は悪いことばかり覚えている。良いことを忘れても死なないけど、悪いことを忘れたら、マンモスに食われてしまうかもしれない世界を生き抜いてきたのだ。悪いことばかり覚えているのは、人間の本能だ、仕方ない。

自分が悪いことばかりしている人間だから、悪いことばかり覚えているのではない。

(・∀・) 憶することなかれ。人間の本能が、そうさせているのさ。

だから、不登校ひきこもり状態になった原因を考えるのはやめて、いまの自分にできること、やりたいことを探してみてください。

不登校ひきこもり状態にある、いまの自分にできること、やりたいことのなかに、未来が隠れているに違いない。

好きなことができたら、それが、朝起きる理由にもなる。不登校ひきこもりだって、楽しく生きたら良いんだよ。楽しむことに対して、後ろめたさを感じる必要はない。

(・∀・) あした楽しく生きる方法を探すのが、不登校ひきこもりからの社会復帰の近道だ

未来は、明日の延長だから、明日が楽しかったら、未来も楽しくなるはず。さて、あした、なにをしたい?


よく読まれている記事 : 
カオス期、停滞期、回復期。不登校による気持ちの変化は三段階ある


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ