自分の考えを主張しよう、お母さんお父さんの考えに反抗するのは悪いことじゃないよっておはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20190601epironnoomiyawasabi
画像提供:くみみく。さんによる写真ACからの写真

不登校ひきこもりの子どもに親の理想を押しつけるのはフェアではない


子育てには自己犠牲が必要だと言われる場合があります。そうやって自分のやりたいことを我慢して育てた子どもが、不登校ひきこもりになってしまったら、心配と同時に腹が立つのも仕方がないかもしれません。

何を考えるかは自由。でも、その理想を不登校ひきこもりになった子どもに押しつけるのは、フェアではないと感じます。

なぜならば、親自身も、子どもにとっての理想の親ではないからです。

とても仲の良い親子であっても、価値観が異なる部分は必ずあります。それに対して「わたしが正しい」と主張し続けると、関係がぎくしゃくしてしまいます。

お互いに違う部分はあると、相手の考えも受け入れることで、信頼関係が結ばれるのだと思います。


不登校ひきこもりになる子どもは良い子が多い


不登校ひきこもりになる子どもの多くは「良い子」です。小さいころから、お母さんお父さんの理想に添って暮らしてきた人。

お母さんお父さんからすると、反抗的な行動をとる子どもに対して「急にどうしたの」「いままで良い子だったのに」と驚くことも。

疲れちゃったんですね。親の理想の自分を生きることに。

わたし自身もそうでした。親の理想の子どもでありたいと願って、不登校ひきこもりになるまでは、親が望むような選択をしてきました。自分で何かを決める場面が少なくて、親の意見に従っていたら幸せになれるのだろうなあと、ぼんやり考えていました。

子どもが不登校ひきこもりになったからといって、性格が悪くなるわけじゃないと思うのです。

親の理想でありたいと願っての行動ではなく、自分の理想の生きかたを選択するようになった。それだけです。


喧嘩するほど仲が良い


身近な人と言い争うのは嫌だ。喧嘩は嫌だ。お母さんお父さんから怒られないように、親の理想の子どもでありたいと願って行動していました。

心のなかでは、(わたしも言いたいことがあるのに)と、もやもやする日もありました。しかし、自分の理想を主張することで、お母さんお父さんから嫌われるのではないかという気持ちがあり、いつも我慢していました。

不登校ひきこもりになってから、わたしの考えに変化がありました。

(わたしは不登校ひきこもりになって迷惑をかけている。すでに嫌われているのだから、我慢する必要はない。自分が言いたいことを話そう)と。

嘘で固めた自分で愛されるよりも、
本当の自分で嫌われた方が気持ちがいいではないか。
アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(フランスの小説家)
参考文献:大切なことに気づく365日名言の旅

大切なことに気づく365日名言の旅 for your everyday from the greats. 世界の空編[本/雑誌] / WRITESPUBLISHING/編


(・∀・) そりゃもう壮大な喧嘩になるよね

不登校ひきこもり時代には、わたしの理想とお母さんの理想がぶつかりあい、喧嘩する日も多かったのですが、社会復帰とともに丸くおさまりました。

「喧嘩するほど仲が良い」という状態です。


親の考えに反抗するのは悪いことじゃない


不登校ひきこもりになる子どもは、親の理想の自分でありたい。そうでなければ嫌われてしまう。と感じている人が多いと感じます。

ですが、自分の考えを主張したところで、家族から嫌われることはないと思います。それが信頼と実績の家族です。喧嘩するのは一時的なもので、そのうちおさまるので心配いりません。

自分の考えを主張せずに、親の意見を受け入れ続けるのは苦しいです。

「わたしにだって言いたいことがあるんだ!」って主張すると、心がすっきりします。

“反抗期”って言葉もあるように、子どもは親に反抗したくなる生き物。

(・∀・) 大人の階段のぼったね、めでたい

しかしながら、お母さんお父さんの主張も“愛のかたまり”であることを忘れてはいけません。

自分と違う考えかたをもっている。自分の考えを主張するだけではなく、相手の考えも受け入れることが大切です。

お母さんお父さんの考えも正しいと思うけども…… って、優しい気持ちで家族に接していると、相手も同じく優しい気持ちで話を聞いてくれる。

交わす言葉が少ないと、何度も同じ言葉が心のなかでこだまするので、できるだけ耳に優しい言葉を使うと良いと思います。相手にも優しいし、自分にも優しい。


大切なことに気づく365日名言の旅 for your everyday from the greats. 世界の空編[本/雑誌] / WRITESPUBLISHING/編



よく読まれている記事:
不登校ひきこもり支援「待つ」は何もしないとは違う


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ