強迫性障害にまつわる体験談や、改善に役立ったアドバイスについてのおはなしです。

こんばんは。大宮わさびです。このブログは、わたしの不登校に関する経験談や、自己肯定感、人間関係に関する話題を更新するブログです。

20190610ajisaioomiyawasabi
画像提供:umiphotoさんによる写真ACからの写真

強迫性障害とは


強迫性障害とは、不安から同じ行動を何度も繰りかえすことにより、日常生活に支障が生じる状態です。

たとえば、汚染されているような気がして何度も手を洗う、電気を消したか、鍵を閉めたか何度も確認するなどの行動があります。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの病院のホームページがおすすめ。分かりやすかったです。

人形町メンタルクリニック(中央区日本橋の心療内科 ‘不安’と‘うつ’の専門クリニック)

院長の勝久寿(かつ ひさとし)先生は、本も出版されているようです。読んでみたいなあ。

「いつもの不安」を解消するためのお守りノート [ 勝久寿 ]



わたしと強迫性障害の関係


さて、わたしと強迫性障害の出会いは、不登校ひきこもりになるずっと前、小学生までさかのぼります。

わたしは翌日の準備をするのに、毎日一時間かかっていました。いまになってみると、一時間も何を準備していたのか疑問なのですが、当時は“忘れ物をしないように”と毎日必死に準備をしていた記憶があります。教科書やノート、持ち物に間違いがないか何度も繰り返し確認していたため、学校がある前日は、いつも疲れていました。

振り返ってみると、わたしと強迫性障害の関係は、学校の準備を一時間も繰り返すときから始まっていたのだろうなと思います。

不登校ひきこもりになったころからは、何度も手を洗う癖が出始めました。一時間に何度も手を洗っていました。何かにさわったときはもちろん、何にもさわっていないときにも、手が汚れている気がしていました。自分自身の内側から汚れが湧きだしてくるみたいな感覚。

部屋のドアがきっちり閉まっているのか不安になり、開けたり閉めたりを繰り返すのもよくやっていました。十分ぐらい開け閉めしていると、納得して、次の行動を始められました。

電気が消えているのかどうかも何度もやったなあ。目では消えているように見えるけど、本当は消えていないんじゃないかと、繰り返しつけたり消したり。部屋を出るときには、こまめに部屋をのぞいていました。ちゃんと電気を消しただろうかと気になって、リビングと自分の部屋をうろうろ往復する日がよくありました。


元不登校ひきこもり、強迫性障害が改善した理由を考える


わたしの強迫性障害の症状というのは、だいたい“うつ状態の悪化”と共に強くなります。

なんだか不安だな。憂鬱だ。と感じている日は、手を洗う頻度も多くなります。窓を開け閉めするなど、普段は起こらない繰り返し行動をしていたりする。

わたしの場合、うつ状態が悪化する前には、兆候があります。それは“元気すぎる”こと。

身体が軽い。脳がハイスピードで回転する。寝る時間がもったいないから、遅く寝て早く起きる。

(・∀・)  きょうは、なんでも上手くいく気がする!

こういう状態になるときのわたしは、単なる元気ではなく“躁状態”になっています。

うつ病を患っている人生の先輩が教えてくれたのです。「躁状態のときに張り切りすぎると、次の波でうつ状態が悪化するよ」と。

それまで、躁状態というのを意識したことがなかったので、新鮮な考えかたに驚き、非常に納得しました。

躁状態のときに張り切りすぎない。という考えかたに出会ったのは、五年ほど前です。

あれから、(なんでもできるぞ)と心が解き放たれているときに、(ちょっと張り切りすぎだよ、落ち着いて)と声をかける秘密の住人が目を光らせるようになりました。

|ω・) 毎日のテンションに点数をつけて記録しておくと、いろいろと気づいておもしろいよ

おかげで、うつ状態の急激な悪化が起こる日が減り、強迫性障害も改善しました。

自分の強迫性障害に対して“まあいいか”って思うようになったのも良かったんじゃないかと思う。

何度も手を洗うのは異常だからやめなくてはいけない。ではなくて、気のすむまで洗いつくせばいいじゃない。と考えている。

一回の手洗いにつき二連続で石鹸ゴシゴシするのを、一時間に一回はしてる。石鹸で洗ってタオルで拭いて、また石鹸で洗ってタオルで拭いて、終わり。

一回の手洗いにつき九割の汚れがとれると思っているから、二回洗ったら汚れは最初の一パーセントに減るという計算。汚れが気になるときは、もっと洗う。もっと減るという予想をして。

気が済むまで洗い続けると、あと腐れなく石鹸から、おさらばできる。

無理にやめなくても良いんだよ。その行動をとることによって心の平和が保たれているんだったら、気が済むまで続けたら良い。そう思う。


よく読まれている記事:
気持ちを手放す。不登校ひきこもり、大人と話す意味


ほな、また(・∀・)よしなに!


(・∀・)このブログの作者はこんな人だよ

過去記事 ⇒ ジェットコースター人生を歩む、元不登校 大宮わさび。はじめましてのご挨拶。


ランキング登録しています。
応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ